高卒でこれから初めての転職活動をスタートするという方にとっては、転職に関する疑問や不安がたくさんあるかと思います。特に面接に関する疑問や不安を抱えたまま転職活動を始めてしまうと、「これで良いのだろうか...?」とさらに不安が強まってしまうケースもありますので、始める前にしっかりと解消しておきましょう。

 

1.良い印象を与えるには?
 面接において面接官に良い印象を与えるコツは、相手に苦手意識を持たないことです。面接というシチュエーション上、面接官との上下関係を意識しすぎるあまり、硬くなってしまい上手くコミュニケーションが取れなかったという例は多々あります。これでは、面接官としても良い評価を与えるわけにはいきません。

 

 そのため、自身の立場を理解しつつも面接官と素直なコミュニケーションを取るつもりで、笑顔や意欲を忘れずに自分をアピールしていくことが重要です。

 

2.目線はどこを向けば良いの?
 面接対策でたびたび話題となる面接時の目線。目の少ししたの鼻の辺りを見ると良い、眉間の辺りを見ると良いなどいろいろなアドバイスがなされていますが、最も良い目線の向きは相手の目をしっかりと見ることです。

 

 鼻や眉間の辺りといったアドバイスは、あくまで相手の目を直視することが苦手な人に対するものであって、本来相手に自身の気持ちを真剣に伝えるためには目と目を合わせて話すことが最も効果的です。ただし、目を見るといっても、睨みつけるような見方をしてはいけません。あくまで表情は、柔和か落ち着いたものを意識して「あなたと会話がしたいです」という気持ちを伝えられるようにしましょう。